ヒルナンデスで放送!銀座ル・コチアのトリュフヌードルが贅沢過ぎる!2016年10月26日のヒルナンデスは、銀座の1区画を食べ尽くす!のコーナーが放送されました。

61903

選ばれた区画は、銀座4-13。

この銀座4-13でピックアップされたのは、今年7月にオープンしたフレンチレストランの「銀座ル・コチア」です。

このお店、ランチ限定のトリュフヌードルが美味し過ぎる&贅沢過ぎると今、OLさんやマダム達に大人気なんです。

フレンチレストランで提供されるトリュフヌードルとは!?

では、詳しくご紹介しましょう。

スポンサードリンク

トリュフの量が半端ない!フレンチシェフが作る贅沢トリュフヌードル

7月にオープンしたばかりの銀座ル・コチアは、夜は本格フレンチ、ランチはトリュフのラーメンがいただけるお店です。

では、ランチで提供しているトリュフのラーメンとはいったいどんなものなのでしょうか?

まず麺ですが、パスタで使うセモリナ粉とラーメンで使う小麦粉をオリーブオイルで混ぜたオリジナルの麺を使います。

このようにハイブリッド麺を使うことで、今まで食べたことのない食感を生みだすのです。

61904

そしてスープは、フレンチシェフならではの方法で鶏ガラスープを作ります。

61905

スープと麺を合わせたら、イタリア産トリュフを贅沢にスライスします。

61906

トリュフの良い香りが口いっぱいに広がります。

しかも、麺の1本1本にもトリュフの香りが感じられます。

61908

そして、半分ほど食べたら、生クリームを入れましょう。

和から洋への味の変化が楽しめます。

61909

付け合わせのパンは、スープに浸して食べましょう。

パンとスープの相性は抜群で、違った形でスープを味わうことができますよ♪

61910

銀座ル・コチアの口コミは?

銀座ル・コチアは、ランチのメニューはトリュフラーメンのみです。

1杯1,800円というランチにとってはちょっと贅沢な一品ですが、トリュフが贅沢に乗っているので納得です。

口コミは、スープは鶏ガラと野菜の出汁が効いていて美味しいとのこと。

麺は、パスタとラーメンの中間のような麺で、少しぼそぼそ感があるようです。

しかし、銀座でトリュフを贅沢に使ったパスタのようなラーメンのようなトリュフヌードルは、話題性抜群です。

今回ご紹介したお店の詳細

61902

店名 : 銀座ル・コチア
住所 : 東京都中央区銀座4-13-15 近富ビル2、3F
営業時間 : 11:30~14:00、18:00~23:30
定休日 :  日曜日、祭日
放送されたメニュー : 木挽町トリュフヌードル 1,800円(税込)(サラダ、パン、生クリーム付き)

⇒ その他店舗情報の詳細はコチラをクリック

スポンサードリンク