ウチくるで放送!東銀座五代目花山うどんの超極太ひも川うどん2016年11月27日のウチくる!?は、サンドイッチマンと巡る東京駅周辺の絶品ご当地うどんが特集されました。

67544

ピックアップされたのは、五代目花山うどんの鬼釜(鬼ひも川)です。

鬼ひも川とは、常識を覆すほど極太のうどんです。

その鬼ひも川うどんとはいったい、、、!?

詳しくご紹介しましょう。

スポンサードリンク

これがうどん!?驚愕の太さが自慢のひも川うどん

群馬県の美味しいご当地うどんが食べられると有名なのが、東銀座駅から徒歩2分の場所にある「五代目花山うどん」です。

このお店の群馬本店は館林で創業120年以上という老舗中の老舗です。

67540

超極太のうどんは群馬県の東部地区でよく食べられているうどんで、きしめんのルーツなんだとか。

そしてひもかわうどんは、実はこの花山うどん群馬本店で考案されたものなんだそうです。

67541

そのうどんとは、幅はなんと4.5cmもの極太で、まるでお餅のよう。

使っている小麦は群馬県産のつるぴかりです。

67546

麺はもちもちの食感とコシが強く食べ応えがあります。

67545

トッピングの卵と豚肉も群馬県産のものを使用しています。

67543

さらに器も昔話で群馬県に由来のあるぶんぶく茶釜の可愛いたぬき。まさに群馬県産づくしですね!

67548

このひもかわうどんは、全国ご当地うどんNo.1を決める「うどん天下一決定戦」で3年連続優勝しています。

群馬県産のうどんが、全国で認められたと言うことですね♪

五代目花山うどんの口コミは?

五代目花山うどんの鬼釜は、つゆをかけて食べるぶっかけスタイルです。

麺はよく噛むと小麦の味がするそうです。

トッピングの卵と豚肉を下からかき混ぜるように食べると味が三位一体となって美味しさが増します。

しかし、麺が太いので箸で持ちあげづらく食べにくい、という欠点もあるようです。

今回ご紹介したお店の詳細

67539

店名 : 五代目 花山うどん
住所 : 東京都中央区銀座3-14-13
電話番号 : 03-6264-7336
url : http://www.hanayamaudon.co.jp/ginza/
営業時間 : 月~金11:00~15:00、17:00~22:00、土日祝11:00~15:00
定休日 : 無休
放送されたメニュー : 鬼釜(鬼ひも川) 980円(税込)

スポンサードリンク